新しい日本機械学会が認定する機械遺産にあのウォシュレットが

日本機械学会が認定する機械遺産にあのウォシュレットの名前で知られる温水洗浄トイレがん選ばれ、その独創性にすぐれた製品の価値が認められたのでしょうね。

今では日本の約70%の過程で温水洗浄トイレが普及しているそうで、日本人にはなくてはならない商品になってしまいましたが、外国から訪れる観光客等がかなり感心している様子を耳にすることもよく聞く話になりました。

ハリウッドスターや世界的なミュージシャンが日本に訪れてウォシュレットの存在が気に入って買って持って帰る話もよく聞きますし、世界的にもかなり普及するでしょうね。

機械遺産というは今まで色々な品物や製品が選ばれていますが、中にはあの新幹線や国産旅客機YS−11やロータリエンジンなども選出されており、今回ウォシュレットが選ばれたのは納得できます。

プロジェクトXのような技術系のドキュメンタリー番組で紹介されていた品物中には、機械遺産として選ばれてもおかしくないようなものもまだまだありそうですからこの先どんどん選ばれていくのでしょう。